脱毛サロンではどうして薬がNGなの?その理由とリスクを徹底解説!

脱毛サロンではどうして薬がNGなの?その理由とリスクを徹底解説!

脱毛サロンでのカウンセリング時や施術前に必ず聞かれること。それは「服用している薬の有無」です。病院からの処方薬だけではなく、市販薬についても必ず質問されるでしょう。服用していることを申告すると、場合によっては施術がNGとなってしまうことも珍しくはありません。

薬といっても効果も種類も非常に多岐にわたりますよね。どうして脱毛サロンでは薬の服用に対して敏感なのでしょうか?その理由と、薬の服用中における脱毛施術のリスクについて解説します。

光脱毛と肌への影響

脱毛サロンでは黒い色素に反応する光線を肌に照射しています。それによってムダ毛に毛根からダメージを与え、脱毛を促すのです。

通常、ごく普通の肌の色には光線は反応することはありません。しかし、日焼けやホクロ・シミなどといった、周囲の肌よりも色素が黒い部分には光線が影響を及ぼし、ダメージを与える可能性があります。ホクロなどのある箇所はシールで保護されたり、日焼けした状態では脱毛施術が受けられなかったりする理由はここにあるのです。

脱毛サロンで使用されている光線は、熱エネルギーを利用して毛根にダメージを与えます。照射時に温かさを感じるのはこのためです。また、施術後にクーリングを行うのは、肌への熱による影響を最小限に抑えるためでもあります。

薬と脱毛の関係性

では、本題に入りましょう。脱毛サロンでは、どうして薬を服用していると脱毛施術が受けられないことが多いのかについてお話しします。

市販薬にせよ、病院からの処方薬にせよ、特定の種類の薬の中には「光に対して過敏に反応する副作用を持った成分」が配合されています。この作用が強く現れてしまうと「光線過敏症」という副作用が起こる可能性があります。

光線過敏症とは?脱毛時のリスクについて

光線過敏症とは、通常ならば何の影響も及ぼさない程度の量の光に対しても、体が過剰に反応を起こしてしまう状態を言います。一種のアレルギーと捉えていただけるとイメージしやすいでしょうか?
光線過敏症になってしまうと、肌の赤みや発疹・水泡や痛み・かゆみなどといった症状が現れます。重症例では皮膚症状だけでは済みません。呼吸困難や吐き気・頭痛などがみられることもあるのです。

ここで言う「光線」とは、日光だけに限りません。脱毛施術時に用いられる光も該当します。しかも、薬の副作用の種類や程度には個人差がありますから、光線過敏症になっているのか、どの程度の過敏性があるのかなどは誰にもわかりません。市販薬だからと軽く考えるのはとても危険なのです。

どのような薬が光線過敏症を起こしやすいの?

光線過敏症を起こしやすい薬は非常に多岐にわたります。そのなかでも、特に副作用として起こる確率が高い薬を紹介します。

  • 向精神薬(精神安定剤や抗うつ薬など)
  • 抗生物質(抗真菌薬も含む)
  • 抗アレルギー薬
  • ヒスタミン剤
  • ピルなどのホルモン剤
  • 抗血液凝固薬(高血圧やコレステロールなどの薬)

などなど。

もちろん、ここに紹介している薬だけに限られるわけではありません。飲み薬に限らず、湿布や塗り薬も該当する場合もあります。何らかの「薬」を使用している場合、脱毛契約前に必ず医師や薬剤師に確認しておきましょう。

施術当日に薬を飲まなければ大丈夫?

「脱毛を断られたら困るから」という理由で、脱毛前日や当日だけ薬の服用を避けることは大変危険です。その理由は主に2つあります。

1点目は、薬の持続時間についてです。薬は、服用後に徐々に体に吸収されていきます。そして体内で代謝され、体の外に排出されます。薬の成分が体からなくなるまでの時間は長いものでは数週間にも及ぶのです。
薬の代謝速度は、薬の種類や個人の体の状態によっても異なります。施術前から薬の使用を一時的に中断したからと言って、薬の成分が体内に残っている場合があるのです。

2点目は、常用薬の場合です。ピルや抗生物質・向精神薬などは、継続して服用することで効果が表れます。一時的に服用をやめてしまうことで、薬の作用を得られなくなるリスクが想定されます。症状の悪化や、場合によっては命に関わることにもなり得るのです。医師の服用指示は必ず守ってください。

契約前には必ず医師に確認を!

薬の服用中に脱毛を受けるリスクについてご理解いただけましたか?安易な自己判断は時には命の危険にさらされる場合もあるのです。脱毛契約を結ぶ前には、必ず医師や薬剤師に脱毛を受けても大丈夫かを確認してください。

カウンセリングで正確な情報を入手しよう

医師だからといって、脱毛の仕組みを把握しているとは限りません。何より、脱毛サロンで使用される施術方式はそれぞれ異なっています。

  • どのような種類の光線を使用するのか?
  • 薬の服用に対して、サロンはどんな方針を持っているのか

などを知っておく必要がありますよね。

これらの情報を正確に入手するためのベストな場所が無料カウンセリングです。自社の施術方式や、薬の服用時における脱毛対応について一番多くの情報を持っているのがサロンのスタッフですから。無料カウンセリングで得た情報をもとに、医師と十分話し合う必要があります。

あなたの体を守るために!服薬を隠すのは絶対にやめて!

薬を服用していることを脱毛サロンに隠すことは絶対にNGです。万が一あなたの体に何かが起こってからでは遅いのです。薬を服用しているために、脱毛を諦めなければならない結果になるかもしれません。しかし、それはそのサロンが信頼できる証でもあります。

サロンは何もイジワルで施術を断っているのではありません。あなたの健康を第一に考え、あなたのことを大切だと感じているからこそ、あえて脱毛を行わないのです。そんな信頼できるサロンであるかを見極めるためにも、まずは自分の目と耳でサロンの対応を確認する必要があります。

フランジェの無料カウンセリングなら安心!

そもそも無料カウンセリングは契約を結ぶ場所ではありません。脱毛に関するあらゆる疑問を解消するためにあるのです。しかし、中には強引な勧誘行為がみられるのも現実です。ですがフランジェではカウンセリング時に勧誘行為は一切行っていません。
お肌のことに関する知識を持ったプロのスタッフが誠実に対応させていただきます。どうぞお気軽に薬の服用に関することもご相談ください。他店とはワンランク上のご提案をお約束いたします。

ご予約・お問い合わせお電話によるお問い合わせ。044-328-9150。受付時間 10:00~20:00 24時間・即日予約ができる「ホットペッパービューティー」から予約

フランジェはホットペッパービューティーからでも予約ができます。24時間即時予約、1時間前から5週間先までできます。

フランジェに頂くメッセージ

ホットペッパービューティーや、イサイズなどで頂く皆様の口コミや応援のメッセージで、日々感激、励まされております。ほとんどの口コミを最高評価で頂けていることを、大変感謝しております。この場をお借りしまして、改めて感謝のお気持ちを表明します。

  • 女性専用サロン
    女性のためのサロンです。サロンスタッフも、全員女性ですので、安心してお手入れを受けて頂けます。2回目からも同じスタッフがご対応いたします。

  • 無料カウンセリング
    疑問や不安を伺い、お客様ん同意の元にスタートいたします。ご相談・カウンセリングは無料です。

  • 勧誘しません
    スキンケアなどの無理な勧誘はしません。また、電話でのセールスや路上でのキャッチセールスも行っていません。

  • ラジェナ(光)脱毛方式採用
    ラジェナ脱毛方式(R・E・T脱毛)は、肌に潤いを与え、スピーディーに広範囲の脱毛が可能です。

  • 都度払い、当日予約OK
    脱毛やフェイシャルに一回ごとのお支払いでも受け付けております。また当日のご予約でも受け付けております。

  • 表示料金以外は一切いただきません
    入会・年会費など一切いただきません。毛質毛量に寄って料金がかわることはありません。料金は表示金額のみです。

  • 返金システムをご用意しています
    ご満足いただけない場合は、残りの回数分を、ご返済いたします。解約手数料もいただきません。

ご予約・お問い合わせ
携帯サイトはこちら
FurangeAmeba 公式ブログ
Semanges通販サイト

よく来てくださるお客様の地域

小田急小田原線
  • 向ヶ丘遊園駅
  • 登戸駅
  • 和泉多摩川駅
  • 狛江駅
  • 喜多見駅
  • 生田駅
  • 読売ランド前駅
  • 百合ケ丘駅
  • 新百合ヶ丘駅
JR南武線
  • 登戸駅
  • 宿川原駅
  • 久地駅
  • 津田山駅
  • 溝の口駅
  • 中野島駅
  • 稲田堤駅
神奈川県
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市麻生区
  • 川崎市高津区
  • 横浜市あざみ野
東京都
  • 狛江市
  • 世田谷区
  • 調布市